オノ暮らし

人も地球もハッピーになる「ステキ暮らし」を研究&実践するオノな夫婦のLabo. パーマカルチャー、オフグリッド、DIY、世界一周、旅…、などについて書いています。

こんにちは、まさはるです。

地方に住んでると、都会に比べて刺激が少ないのかと思いがちですが、そうでもありません。
周辺でしょっちゅう面白そうなイベントや企画があります。
僕たちが山村を拠点に目指したい暮らし方や働き方にとっても、参考になりそうなワークショップなどがいっぱいあります。
自然の暮らしが好きな人にとっては、やはり街よりも山奥の方が刺激的な企画が多いなぁ、という印象があります。
僕も山での作業道作りの活動の傍ら、行きたいところによく出張に行かせてもらっています。

ということで、今回は最近出張で行ったところあれこれについて振り返りを。

協力隊研修
先月のことですが、奈良県南部東部の協力隊向けに研修があり、行ってきました。
一日目は、現役&元・協力隊の方のパネルディスカッションと交流会。
二日目は、奈良県川上村の協力隊によるカヌーガイド事業の体験でした。

僕は主にカヌー体験目当てで参加させてもらいました。


僕が協力隊卒業後に目指しているのは、ざっくりいうと、春夏は観光業、秋冬は自伐型林業を主にした複業型の働き方です。
この研修でも、春夏の観光業に参考になる話が色々と聞けて良かったですね。
僕も村の資源を活かしたガイド業したい。

熊野とマインドフルネスワークショップ
熊野の本宮大社の目の前が会場でやっていた、「熊野とマインドフルネス」ワークショップにも行ってきました。

村から熊野本宮大社までは車で50分ほどでした。
意外と近いです。



鎌倉にいる時にもブレスワークショップに参加させてもらったコスタリカ在住のKokoさんこと丹羽順子さんが講師の一人でした。
この日のテーマは、蘇りの地と言われる熊野で、最近話題の「マインドフルネス」と結び付けた地域づくりやリトリートづくりをしていったら結構良くない?!、というような内容でした。
マインドフルネスとは、色んな定義があるそうですが、僕なりの理解でいうと、「今ここにあることに意識を集中させる」という感じですかね。ヨガとか瞑想とかもマインドフルネスワークの一つと言えます。

ここに参加していた人たちも面白い人が多く来られていましたね。
熊野エリアへの移住者の方も多かったです。
僕たちが最近下北山村に移住してきたことを話すと、「熊野へようこそ!」てそこで知り合った人に言ってもらいました。
「下北山村は熊野の文化圏なんだなぁ」、と改めて思いました。
下北山村の面白いところの一つは、ここです。
奈良県のコミュニティには「奈良県の端っこ」としてもちろん参加できるし、吉野コミュニティには「吉野の端っこ」として参加できるし、和歌山や三重の熊野コミュニティにも、「熊野の端っこ」として参加できちゃうところです。
奈良と和歌山と三重、吉野と熊野、山と海、色んな文化が混ざり合う境界に位置する村なのです。

くまのでSUP!
これも先月ですが、下北山村のお隣、三重県熊野市でアウトドア体験事業「くまのでSUP!」の体験をしてきました。
熊野市の協力隊である大西さんがやってます。
場所は新鹿海岸。村から車で40分で行けます。
SUPは初体験。前々からやってみたかったやつ!



天気も良かったし、SUPガイド業の話も色々聞けてこちらも良かった。
マイSUPが欲しくなりましたね。
うちの村にはダム湖があるので、そこをフィールドにSUPガイドできたらいいなぁと、一緒にいった観光協力隊の高原君と話してます。

ロケットストーブかまどづくりワークショップ
三重県津市の美杉町で「なないろの空」という自然農園をやってる村上真平さんのところに以前行ったことがあって、そこで見せてもらったロケットストーブかまどがすごく良かったんです。
それで作り方いつか教わりたいなぁと思っていたら、ワークショップのお知らせが!
場所は奈良市にある「とようけのもり」。
こちらも前から行ってみたかったところだったし、行くしかない!と行ってきました。
これもすごく良いワークショップでした。
機能性も使い勝手も良さそうだし、作るのも簡単。



杉、ヒノキや竹を燃やすのに適しているという、日本の山のためにもピッタリのかまどでした。
これをまずは我が家に設置したい。寒くなる前に。
と思ってたら、もう寒くなってきてます。早く作らなきゃ。

竹ひごづくりワークショップ
下北山村の協力隊OGみなみちゃんに誘ってもらっていってきました。
奈良県山添村でありました。
講師は大分から鶏を連れてきてくれてた、まっぽんさん。
そして山添村で70年近く竹のしょうけづくりをしてきたという谷奥さんによるお話とデモンストレーションもありました。



めちゃめちゃわかりやすく教えてくれたし、竹ひごづくりにはまれそうです。
早速、竹割り包丁を注文しましたよ。
薪にしても竹ひごにしても、生活に必要なものを山からとってきたものを使って自分で作ってしまう暮らし方をやっぱり目指したいなぁと思いますね。昔のお百姓さんの様な暮らし方。
暮らしがそのまま多様性豊かな森づくりにつながっていくような暮らし方。

僕が自伐型林業の世界に入ったのも、スタートはそこです。
森づくりがしたかったから。

谷奥さんやまっぽんさんの話を聞きながら、改めて自分が目指すところを確認した感じです。

明日香村視察
明日香村に、明日香ビオマルシェと、友人が女将をやっている農家民泊「とまりゃんせ」の視察に行ってきました。
明日香ビオマルシェはオーガニックな食材を扱う朝市のようなところ。
周辺の農家の方や、オーガニックカフェ・レストランの方が出店されていました。

ここを中心に、オーガニックなコミュニティが生まれてきてることを感じることが出来ました。
マルシェの方たちの話を聞いていて、印象に残ったのは、「つながり」の話。
マルシェを拠点に、出店者同士のつながりや、お客さんとのつながりが出来て、それがまた広がっていく。
僕も奈良に移住してきてから、村内だけに限らず、これまで無かった新しい繋がりが出来てきてて、あぁつながるっておもしろー、と思ってます。
繋がりながら、この山奥から、懐かしくて新しい価値を発信していきたいですね。


番外編 自伐型林業研修
出張の話とは違いますが、うちの村でもこんな企画が始まってます。
自伐型林業推進協会の協力で、自伐型林業研修を村の山をフィールドにして全4回でやります。
先日はその第1回目でした。
1回目はチェーンソー研修でした。



二日間修了すると、チェーンソーの資格を発行してもらえます。
自伐を志す人たちの中には、すでに資格は持っている、という人が多いので、第2回目から参加者がより増えてくるみたいです。
僕はチェーンソー資格は4月に取らせてもらいましたが、今回の研修では改めて山仕事の危険性や基本を再確認できました。
次回は伐倒・造材研修ということで、より実践的な内容になりそうで楽しみです。

ということで、最近の出張あれこれでした。
村の中での生活も良いですが、たまに村の外に出ていくと、また新しい出会いがいっぱいあって面白いです。
自分たちの場所で拠点づくりに取り組みながら、時々外に出て人と繋がり、吸収して、また自分たちの拠点づくりに活かしていく。そういうサイクルがいいな、と思います。

同じ感じで、ゆくゆくは鎌倉方面のコミュニティとも、もっと繋がって、面白い事仕掛けていきたいなぁ、と思ってます。
とりあえず来月、久しぶりに鎌倉に何日間か帰る予定です。ステキな繋がりがまた出来るといいなぁ。

ではまた!
まさはる

こんにちは、まさはるです。

先日、ロケットストーブかまどづくりワークショップに行ってきました。

場所は、奈良市にある「とようけのもり」。
同じ奈良県に住む者としても、前々から行ってみたいなぁと思っていた場所!

しかも、今回の講師は三重県で自然農園「なないろの空」をやっている村上真平さん。
僕たちは以前、真平さんのお宅を訪ねたことがあって、その時に見た真平さん式ロケットストーブかまどに感激し、いつかちゃんと作り方を教わりたい!と思っていたのです。

ということで、今回のワークショップは素晴らしい縁とタイミングだったのです。

1泊2日のワークショップで、その仕組みを学びながら、実際に「とようけのもり」で今後使っていくためのかまどを作りました。

参加者は奈良県からだけでなく、滋賀や岐阜など色んなところから、20名くらい来られてましたね。
真平さんのワークショップスタイルは、その時の参加者の様子や現場の様子を見ながら、臨機応変に作っていくスタイル。
この時の参加者も多才な方々が多く、作りながらも皆で一緒に考えて改良を加えていく、という面白い進め方でした。

ブロックを切って積む。


ヒートライザーと煙突部分をつけて。



焚口に時計型ストーブを使うのが面白い。これによって、大きな薪もそのまま投入できます。しかも、冬は暖もとれる。



中に断熱材をいれて



穴をあけた鉄板を置く。



鉄板は、鍋が横に三つおける大きさになっていて、焚口に近い方から、強火、中火、弱火と使い分けられます。



簡単に作れて、燃焼効率も良く、使い勝手もよさそう。しかも、これをベースに、温水機能やオーブン機能など、様々な改良型に発展可能。
さらに、よくある鋳物の薪ストーブユーザーには針葉樹の薪は嫌がられますが、このロケットストーブかまどは、針葉樹や竹を使うのに最適とのこと。
杉ヒノキに覆われた人工林活用のためにも良い、ってなんて優秀なんだ。

ということで、三拍子も四拍子も五拍子そろったかまどでした。
村内のあちこちにこれを作って、エネルギー自給の村づくりしていったら面白いなぁ。

まずは我が家で導入します。
興味のある方は、一緒に作りましょう。もしくは作ってからでもぜひ見に来てください。

ではまた!

まさはる



こんにちは、まちゃです。

今日は、雨で自伐型林業の山作業に行けないのでブログを書いてます。
こういう時じゃないと、なかなかブログも更新できてませんね。
もっと色々書きたいことはあるのですが…。

今回は、最近の印象的トピックスを二つほど。

シャワークライミングに行ったよ。

先日、シャワークライミングデビューしてきました。
沢登りですね。

いやー、この夏はまた色々とあってバタバタしておりました。

ゆうてる間に8月末になっていたので、「やばい、夏終わる!」と行ってまいりました。

観光担当の下北山村地域おこし隊員である高原君に連れてってもらいましたよ。            

    
   

場所は下北山村内にある前鬼川。

シャワークライミングやキャニオニングのスポットとして知られているらしく、結構人が来られてるようです。
この日も、大阪方面や遠くは静岡方面からも来られていました。       

        

前半は割と穏やかなコースでした。


でっかい岩があったり。


でっかいカエルもいましたよ。

 


前半の見ものはこちらの滝。

 

わーお、きれーだなー。

 

前鬼川のこの透き通るような青さは「前鬼ブルー」と呼ばれてますね。

 

ここからさらに登っていきます。

この滝の横から上がっていきますよ。         

後半は前半よりちょっと難易度が上がります。               

 

            



こちらは全方位から滝が集合してるところ。不思議な場所でした。

 


垢離取場(こりとりば)と呼ばれるところまで行ってゴールです。
ちなみにこのコースは修験道の修行場を通ります。
修行気分も味わえるわけですね。

この上を登っていく人もいるらしいですが、さらに難易度が上がるみたいですね。

今回は行きませんでした。

 

シャワークライミング。

普通のトレッキングとかとはまた違って、なかなか緊張感がありました。

日常生活で使わない、野生の感覚というか、身体の感覚が研ぎ澄まされる感じ。

それが、シャワークライミングとか、アウトドアアクティビティの魅力ですなぁ。

 

下北山村の中だけに限らず、周辺の吉野や熊野エリアはアウトドア遊び出来るスポットがたくさんありますので、好きな人にはたまらない場所だなと思います。

僕も、今回は沢足袋貨してもらっただけど、早速マイ沢足袋を購入しました。

順調にアウトドア方面にもハマりつつあります。

だんだん肌寒い日も増えてきていますが、今月はまだ川遊びいけそうです。
自伐の活動のかたわら、高原君と共に、アウトドアガイドのルート開拓していく予定です。


みなみちゃんが来てるよ。

下北山村地域おこし協力隊OGのみなみちゃんが村に帰ってきています。
みなみちゃんは協力隊の後、オーストラリアに行ってました。

みなみちゃんは下北の初期の協力隊OGで、今はるちゃんが活動している生活支援NPOや朝市や村内野菜を使った学校給食の仕組みの立ち上げにがっつり関わってた子です。

僕らも村に来てから、みなみちゃんの噂や伝説を聞いていて、「絶対、話合いそう!」といつの日か会えることを楽しみにしていたのです。

そんなみなみちゃん、今回初めましてだったわけですが、会ったその日から早速我が家に居候してもらってます(笑)。
考え方とか、大事にしてることとかが、僕たちと通じるものがあって、一緒に住んでても、自然体でいられます。
しかも僕ら3人とも86年生まれ、という偶然。

そして、毎日のように、3人で村のこれからについて話し合ってます。
協力隊の鏡ですね(笑)!

それにしても、みなみちゃんみたいに、想いを互いに共有できる子が、こうやって村に関わり続けてくれるというのは本当に嬉しいことですね。


   
心がっちり掴まれるおみやげも!こちらは欲しかった蜜蝋ラップ。

またちょこちょこ村に来てくれると思うので、皆さんもそんなみなみちゃんに会いに来てくださいね。


こちらからは以上です。

ではまた!

まちゃ

↑このページのトップヘ