こんにちは、まちゃです。

奈良県下北山村に移住して、約 2週間がたちました。

協力隊としてはまだ 1週間しか経ってないけど、とりあえず現時点の印象をば。

 

自伐型林業の地域おこし協力隊として来ているので、先週は、作業道をつくっている現場や、近くの木材市場を見に行ったり、伐倒の作業を手伝ったり、ということをしていました。

協力隊としての日々の動き方や、村の自伐型林業の現状が何となくつかめた感じがします。切り出した木材をいかに村内で加工して活用していけるか、というところが、やはり肝のようです。

僕自身も、木工や、薪エネルギーとしての利用も視野に入れて、自伐のやり方を考えているところです。幸い、協力隊として、ある程度自由に動けそうな環境なので、早いとこ活動のリズムに慣れて、うまい動き方が出来るようになりたいですね。

 

そして、協力隊として自伐型林業に取り組む上で、まずチェーンソーと車両系建設機械の講習を受けないと、作業で使う機械を使えないので、今月は村外に講習を受けに行く予定が結構入っています。

先週末も、早速 3日間、講習を受けに奈良県天理市にある教習所に出張してきました。

下北山村は静かな山村ですので、天理市まで山を下りてくると、かなり「街に来たなぁ」という感じがします。

そして講習初日が終わるころにはもう「早く山に帰りたい。」という気持ちになっていました(笑)。

自分で受けたら結構費用が掛かる講習を協力隊として村の予算で受けさせてもらえるというのは、やはりありがたい環境だなと改めて思います。

 

ということで、やりたいことはめちゃめちゃたくさんある僕たちですが、今はじっくり観察する時と思っています。

あせらずゆっくりコツコツと、ね。

まちゃ