こんにちは、まちゃです。

今日は、雨で自伐型林業の山作業に行けないのでブログを書いてます。
こういう時じゃないと、なかなかブログも更新できてませんね。
もっと色々書きたいことはあるのですが…。

今回は、最近の印象的トピックスを二つほど。

シャワークライミングに行ったよ。

先日、シャワークライミングデビューしてきました。
沢登りですね。

いやー、この夏はまた色々とあってバタバタしておりました。

ゆうてる間に8月末になっていたので、「やばい、夏終わる!」と行ってまいりました。

観光担当の下北山村地域おこし隊員である高原君に連れてってもらいましたよ。            

    
   

場所は下北山村内にある前鬼川。

シャワークライミングやキャニオニングのスポットとして知られているらしく、結構人が来られてるようです。
この日も、大阪方面や遠くは静岡方面からも来られていました。       

        

前半は割と穏やかなコースでした。


でっかい岩があったり。


でっかいカエルもいましたよ。

 


前半の見ものはこちらの滝。

 

わーお、きれーだなー。

 

前鬼川のこの透き通るような青さは「前鬼ブルー」と呼ばれてますね。

 

ここからさらに登っていきます。

この滝の横から上がっていきますよ。         

後半は前半よりちょっと難易度が上がります。               

 

            



こちらは全方位から滝が集合してるところ。不思議な場所でした。

 


垢離取場(こりとりば)と呼ばれるところまで行ってゴールです。
ちなみにこのコースは修験道の修行場を通ります。
修行気分も味わえるわけですね。

この上を登っていく人もいるらしいですが、さらに難易度が上がるみたいですね。

今回は行きませんでした。

 

シャワークライミング。

普通のトレッキングとかとはまた違って、なかなか緊張感がありました。

日常生活で使わない、野生の感覚というか、身体の感覚が研ぎ澄まされる感じ。

それが、シャワークライミングとか、アウトドアアクティビティの魅力ですなぁ。

 

下北山村の中だけに限らず、周辺の吉野や熊野エリアはアウトドア遊び出来るスポットがたくさんありますので、好きな人にはたまらない場所だなと思います。

僕も、今回は沢足袋貨してもらっただけど、早速マイ沢足袋を購入しました。

順調にアウトドア方面にもハマりつつあります。

だんだん肌寒い日も増えてきていますが、今月はまだ川遊びいけそうです。
自伐の活動のかたわら、高原君と共に、アウトドアガイドのルート開拓していく予定です。


みなみちゃんが来てるよ。

下北山村地域おこし協力隊OGのみなみちゃんが村に帰ってきています。
みなみちゃんは協力隊の後、オーストラリアに行ってました。

みなみちゃんは下北の初期の協力隊OGで、今はるちゃんが活動している生活支援NPOや朝市や村内野菜を使った学校給食の仕組みの立ち上げにがっつり関わってた子です。

僕らも村に来てから、みなみちゃんの噂や伝説を聞いていて、「絶対、話合いそう!」といつの日か会えることを楽しみにしていたのです。

そんなみなみちゃん、今回初めましてだったわけですが、会ったその日から早速我が家に居候してもらってます(笑)。
考え方とか、大事にしてることとかが、僕たちと通じるものがあって、一緒に住んでても、自然体でいられます。
しかも僕ら3人とも86年生まれ、という偶然。

そして、毎日のように、3人で村のこれからについて話し合ってます。
協力隊の鏡ですね(笑)!

それにしても、みなみちゃんみたいに、想いを互いに共有できる子が、こうやって村に関わり続けてくれるというのは本当に嬉しいことですね。


   
心がっちり掴まれるおみやげも!こちらは欲しかった蜜蝋ラップ。

またちょこちょこ村に来てくれると思うので、皆さんもそんなみなみちゃんに会いに来てくださいね。


こちらからは以上です。

ではまた!

まちゃ