オノ暮らし

人も地球もハッピーになる「ステキ暮らし」を研究&実践するオノな夫婦のLabo. パーマカルチャー、オフグリッド、DIY、世界一周、旅…、などについて書いています。

カテゴリ: 村暮らし

こんにちは、まちゃです。

ようやく梅雨らしいジメジメムシムシした気候になってきた、こちら奈良県下北山村からお届けしています。
何となく月一回くらいの更新ペースになってきましたこのブログ。
今月も色々ありましたが、特に印象的だった出来事をピックアップしてみます。

とにかく梅仕事!

今月は何といっても梅!ですね。
今借りているお家の下に梅の木が何本かありまして、まさに実が鈴生りになってました。
しかもそれだけではなく、村のあちこちから、「うちとこの梅とっていいよ~」と声をかけていただきました。
それらの梅はどれも放任栽培、無農薬の梅。

  

こんな立派になった梅たちを活用しなくてはもったいない!
ということで、青梅の時期から熟す時期まで、仕事が終わった後や休日に、「梅を収穫、きれいに拭いて選別、量を測って、友人知人に発送、自分ちでも漬ける」の作業に追われておりました。
仕事が終わってから、田んぼの草取りして、梅とって、晩御飯食べて、梅を選別して箱詰めして、力尽きるように就寝!という日もあったなぁ。

自然の暮らしは、旬が一気に来ては、あっという間に過ぎていってしまいます。
なので、自然の恵みを活用する僕たち人間も、旬の時期は、一気に集中して自然と向き合うべき時になります。
そして旬が一瞬であるがゆえに、忙しい時は忙しいけれど、「この一瞬しかない!」、「ここを過ぎれば落ち着く!」とわかっているから、がんばれてしまう。
下北山村に移住してきてから、そのことを本当に実感しています。
と言って、旬の次には、休む間もなく、また別のものの旬が来たりするんですけどね笑。

しかしそれもまた、自然の暮らしの大変だけど、面白いところ。
自然は静かに動かないようで、日々目まぐるしく変化しています。
常にその変化の中にいるので、ある意味飽きることはありません。
最初は、その目まぐるしい変化になかなか追いつけない自分がいたのですが、だんだんとそのペースに慣れ、自然のスピード感のなかでもメリハリをつける過ごし方がわかってきたし、それに伴って体力も自然とついてきました。
やはりマインドフルネス(今、この瞬間に集中すること)が大切ですね。
そして気が付くと僕もはるちゃんも筋肉がついてきて、がたいが良くなってきてます笑。

と、「梅仕事が無事ひと段落して良かったな~」、と思い出しながら、これを書いているまさに今、「あそこの梅まだ青いのなってるから、とっていいよ~」と新たなお声がけをいただきました笑
梅仕事はまだもう少し続きそうです…。
   
母ちゃんたちの底力を見た!

先日、とある雑誌UのN編集長が、郷土食の取材で村に来られ、僕たちも同行させてもらいました。
なんとその雑誌とは、僕が以前勤めていた農業系出版社からでている雑誌。
僕がたまたま移住した村に、前の職場の雑誌の編集長が取材でたまたま来られるという状況に、なんとも不思議な縁を感じて、同行も楽しみにしていたのです。
今回の取材の目的は、下北山村でだけ作っている伝統野菜「下北春まな」のめはりずしとおひたし。
そして一番の目玉は、奈良県にありながら熊野文化圏という下北山村ならではの、昆布ずしでした。


 下北山村に伝わる昆布ずし

しかし、取材当日になってハプニングが!
料理を作ってくれるお母さんたちの集落で不幸があり、お葬式のため急遽取材がキャンセルになってしまいました。
N編集長さんは、すでに宿もとっていたし、すぐ近くまで来られていたので、「半分遊びに来るくらいの気持ちで」、と当日村に来られました。
「せっかく来てもらっているし何とか出来ないか!」ということで、とりあえず郷土食関係の活動もしているはるちゃんに相談。すると、はるちゃんや地域のお母さんたちが即対応してくれて、なんとか代わりに料理を作ってくれる方が無事見つかりました。
N編集長にも「朝来たときは、こんな展開になるとは思わなかった!」と喜んでもらえました。

 
  まさに母ちゃんの熟練の技!

そしてなんといっても、作ってもらった料理がまた美味しかった!
特に昆布寿司は、村内でも作れる人も作る機会も減っているらしく、村民であっても貴重な一品。
海苔ではなく昆布でつくる巻きずしなので、その煮具合だとか、巻き具合だとかが難しく技術がいるものなのだそうです。
そんな貴重な昆布ずしを作るところを見て、食べられるチャンスをいただいて本当にラッキーでした。
食の雑誌の撮影現場を見ることができたのも面白かったし。
何よりも村の母ちゃんたちの即座の現場対応力を目の当たりにして、感動ものの一日でございました。
下北山村の母ちゃん、かっこいいです!



と、今月も色々な経験をさせてもらっていますが、今のメインの仕事である、自伐型林業もちゃんとやっていますよ~。
        

       
自伐型林業フォーラムに参加

今月は大阪で自伐型林業フォーラムがあり、役場担当者と他二人の先輩協力隊とともに参加してきました。


 僕はフォーラムから参加。

今回のフォーラムは自伐型林業推進協会の全国総会も兼ねており、全国から実施自治体や会員・講師の方々が集まり、なかなかの人数と熱気でございました。
もちろん僕たちの道づくりの師匠、吉野の清光林業の岡橋さんも来られておりました。
自伐型林業の全国的な勢いと広がりを実感できるフォーラム参加となりました。
ちなみに僕の前の職場の上司であったKさんが、自伐型林業推進協会の理事をされていまして、久々の再会もさせていただきました。Kさんと初めてお会いしたのは僕がまだ学生だった時で、何かとご縁のある方です。
思えば最近、雑誌の取材の件といい、前の職場つながりの再会が多いです。
本当に人の縁というのは不思議なものですね。

ヘアピンづくりスタート

今月頭くらいから、自伐型林業現場でのヘアピンカーブづくりに取り組んでいます。
今、下北山村の自伐型林業の地域おこし協力隊には、タキノ谷とコモ谷という2つの現場があります。
そのうち、コモ谷は土砂捨て場のようになっているところにある現場です。
タキノ谷を作業道つくりの本番用の現場とすると、コモ谷はどちらかというと練習用の現場というような位置づけです。
今は僕はそのコモ谷での第一ヘアピンカーブ作りを主にしています。
 
   

 ヘアピンカーブの入口など、重要ポイントに印をつけるところから始まる。

練習用の現場とはいえ、新人ながらに早くもヘアピンカーブづくりに取り組ませてもらえるというのは、なかなかにありがたい環境ではないかと思っています。
実際に自分で道付けをしてみると、それまで全く何も知らなかった道づくりについての輪郭がおぼろげながら見えてきます。
岡橋さんやほかの先輩隊員の話やしていることの意味が少しずつ分かるようになってきます。
道づくりは諸刃の剣だと岡橋さんもおっしゃっていました。
壊れる道づくりは誰でも出来る。
壊れない道づくりの法則を覚えていかなければなりません。
あせらずじっくり取り組んでいきます。

木工はじめました。

自伐型林業の展開と組み合わせてやっていきたいこととして、木工にも取り組み始めています。
先日、偶然知って関心を持ったグリーンウッドワークという木工の講座を受けに、滋賀県は琵琶湖のほとりまで出張させていただきました。
同じ関西とはいえ、休憩含めて車で片道5時間かけての出張。
関西って意外と広いんですね。

さて、グリーンウッドワークとは、木を自分で伐ってきて、生木を人力の道具で割って、削って加工していくという木工スタイルのこと。


  こんな大きな丸太を、くさびとハンマーを使って割って材にしていく。

これがまた、なかなか面白い。
いうなれば木工の原点に立ち返った木工であり、森と人とを直接つなげることができる木工なのです。
なんとなく自伐型林業にも通じる精神があるような気がしています。
機械を使った木工より、安全で低コストに始められるというところも、良さげ。
もともとは欧米が本場らしいのですが、日本の伝統的な木工職人の文化とも似ているところがあったりして、面白い。
こちらもこれから継続して取り組んでいきます。

、ということで今月の振り返り記事でした。

移住して早くも3か月。
今のところ移住前の直感や仮説との間に大きなギャップはなく、「いい感じで来てるかな~」、という印象です。
下北山村はやはり吉野と熊野の境界、奈良・三重・和歌山の境界の地というのもあり、
可能性は多様だなと感じています。

さて来月はどんなことがあるでしょうか?

ではまた!

まちゃ

     

こんにちは、まちゃです。

奈良県下北山村に移住して2 か月経ちました。早い!        
       

この2か月を振り返ると、結構忙しかった!
ただでさえ、やりたいことが多すぎる欲張りな僕たち。
しかも、春から夏へ向かう自然の勢いもまたスゴイ。
海外からの愉快なゲストも我が家に来てたりして。
ここ3年ほどの、ゆっくりした生活とのギャップもあり、忙しさに早くもオーバーヒートしそうになる日もありました。
はるちゃんとも、初めての(!)共働き生活だし。
何となくスローなイメージがある山暮らしだけど、実際は、鎌倉にいた時より、やることいっぱいあります!
山村暮らしにこそ、メリハリが大事だなと学んだ次第です。
この瞬間瞬間を感じながら過ごすマインドフルネスな意識が、今こそ必要だなと感じる今日この頃。

ということで、今回は45 月を振り返っての雑感を。
 

今、やりたいこと    

普段は地域おこし協力隊として活動している私。

協力隊としての今年度の活動の方向性がなんとなく見えてきてるかな~、という感じです。

メイン活動は自伐型林業・作業道作り。サブ活動は、木工、山ガイド、薪エネルギーという感じでやっていきたい。

     

・自伐型林業・作業道作り

協力隊としての活動のメインは作業道作りです。

奈良県吉野地方で、代々山林を経営する清光林業株式会社の相談役である岡橋清隆さんから作業道作りを直接教えていただいています。

ゼロから、作業道作りを学ぶには、とても恵まれた環境です。




 岡橋さんからヘアピンカーブ作りを教わる。


自伐型林業で作る道は、特定の山に張り付いて、山守としてずーっと使う道です。

一度作ったら、壊れない道を作らなければいけません。

が、これが一朝一夕には身に付かない技術。

なかなかに難しいですが、追求しがいのある道です。

じっくり腰を据えて、取り組んでいかなければと思っています。

 

・木工

せっかく山に関わっているので、切り出した木を使って何かしたいなぁと思っています。

その一つとして、木工の方向でも少しずつ動いています。

旋盤という機械を使った、ウッドターニングという手法に取り組んでいる作家の方々とつながれたので、スタジオや個展に話を聞きに行きました。


 
  木工作家・須田二郎さんによる針葉樹を使ったウッドターニング作品     
   



自伐型林業と組み合わせたサブ活動としてウッドターニングの道も検討中です。

もっと言うと、曲げ木の技術を使った曲げわっぱとか、オーバルボックスとかも作ってみたい。

それから、もう一つ、木工分野で注目しているのが、グリーンウッドワーク。

山から切り出してきたばかりの生木を、機械を使わず、人力の道具を使って小物や家具を作る木工です。

木や森との距離をもっと身近に感じられる木工手法として、こちらも学んでいきたいと思ってるところ。村の山をフィールドに体験プログラムとかもしたい。

 

・山ガイド

下北山村の魅力的な自然を活かした山ガイド的な方向もやっていきたいことの一つ。

先日も、役場担当者の方と村を通る世界遺産「大峰奥駈道」の一部のコースを歩いてきました。こちらはなかなかちょうど良い感じのコースだったので、早速、将来のガイドプランの一つに決定。


  
世界遺産の一部「垢離取場」。水の青さは、「前鬼ブルー」とも呼ばれる。



大峰奥駈道の裏行場である三重の滝にて。

大峰奥駈道は山伏の修行の道なので、やはり一般の人向けにはちとハードルが高いかもなと思っています(僕も近々、挑戦したいと思っていますが!)。

ので、もう少し気軽に親子連れファミリーでも楽しめるような、山遊び・川遊びプランを開発していきたいなと思っています。そのためにも、これからもっと村の自然を知っていきたい!

 

・薪エネルギー利用

薪のある暮らしがしたい。

本当は、村にある温泉施設に薪ボイラーを導入してもらいたいんだけど、いきなりそれは難しそうなので、とりあえず小さいところからコツコツと、薪のある暮らしをやっていきたいな、と思ってます。

そもそも僕らが山村に移住してきてやりたかったことの一つは、エネルギー自給・オフグリッド生活。

自分の家も、ゆくゆくは薪ストーブか、囲炉裏か、薪ボイラーとか導入していきたい!です。
で、ちょうど近くの新宮市熊野川町でオフグリッドゲストハウスをやってるモーリー君と友達になれたんだけど、彼が自然エネルギー学校という企画を
4 月からやってくれてまして。そこに僕らも参加させてもらってます。



自然エネルギー学校での一コマ。給湯ボイラーの蓄熱式と貯湯式の原理の違いを学ぶ!


自然エネルギー学校では、熊野エリア界隈で、オフグリッド的暮らしをやってる or 興味ある方たちが集まってきてて、みんなで学び合いながら、自然エネルギー利用システムを設計・自作していこう!ってのを、やってます。

そんな繋がりも大切にしながら、とりあえず今はいろいろ勉強してみよう、と思っています。

 

Workawayer(ウーファー)のホストデビュー?!

先日、友人であるフランス人カップル、ジョナサンとマチルダが我が家に2 週間ほど滞在しておりました。彼らとは、今年2 月に屋久島で出会いました。彼らは昨年10 月から、日本に来ていて、「オルタナティブ・ジャパン」というドキュメンタリー映画を製作しながら、旅をしてます。その旅の途中に僕たちを訪ねて、村に来てくれたのです。



    

  
ジョナサン&マチルダが製作中のドキュメンタリー映画「オルタナティブ・ジャパン」予告編です。




予告編パート2です。日本のオルタナティブ界のアイドル、テンダーさんとソーヤ海さんも出演されてます!
        

滞在中は、村のおじいちゃんおばあちゃんに伝統の釜炒り茶を一緒に教わったり、田植えの準備や、村の仕事を手伝ってもらったりしながら過ごしました。もちろん、映画用の撮影もしながら。

二人も、下北山村に残る暮らしの知恵や技術、人々の温かさに感動したようです。



ジョナサン&マチルダありがとう!また来てね!



伝統の釜炒り茶の作り方を地元のおばあちゃんに教わる。


 村に伝わる「たかきび」を使った、きび汁ときび団子も皆で御馳走になった。


僕たちも、山村の暮らしは面白い!と日々思って過ごしてますが、二人の反応を見ていて、客観的に「あぁ~、やっぱり面白いんだ~。」と改めて確認できました。

僕らは、以前世界一周してた時は、Workaway という仕組みを使って、ホームステイをさせてもらいながら、旅をしていました。で、帰国したら自分たちの暮らしを作りながら、今度は逆に自分たちがホストになって、旅人たちを受け入れたりしたいなぁ、というのが妄想の一つだったのです。今回はその妄想の第一段階として、初・ホスト経験といった感じで、これからやりたい暮らしのイメージがより明確になりました。

海外からもどんどん村の暮らしを見に来てほしいですね!

 

鎌倉との二地域居住

さて、下北山村での暮らしのベース作りにしばらく専念していくつもりですが、それと並行して、鎌倉で住んでいた古民家の活用もちゃんとしていきたいと計画中です。

山村の暮らしは面白いですが、鎌倉は鎌倉で、大好きだし、たまにはあの空気感を感じに行きたい!

下北山村と鎌倉の二地域居住から、ゆくゆくは鎌倉と下北山村のコラボ展開をしていく構想もあります。


 
 時には鎌倉の海を感じたい・・・。

ということで、まずは鎌倉で住んでた古民家を誰かとシェアして活用していくことを考えています。
僕らのように田舎と鎌倉の二地域居住をしたい人と一緒にシェアする別荘みたいなイメージです。

田舎暮らしもいいけど、時には違う環境を行き来することも、すごく大切なことだと思っているので。
これも今すぐではないけど、少しずつ準備を進めてます。

 

移住して二か月。最近、考えてることはこんな感じです。

皆さま、ぜひいつでも村に遊びに来てください!
お待ちしております。

ではまた!

 

まちゃ

こんにちは、はるです。
移住してきて初めて知った事実その1。

・・・下北山村は、桜の名所!です!!
本気でお勧めできちゃうほどの!!

思わず歓声をあげてしまうような桜並木を歩くのもよし、山々に点在する山桜をドライブしながら楽しむのもよし。


池に写る桜もキレイなのですー

今年は残念ながら雨空が続きましたが、それでも連日、観光客は来てくれていました。
おぉ、結構人が来るんやー!とおもうくらい。
でも、日中はよく観光客の姿を見かけるものの、夜は見事に誰もいない。
これ、かなり勿体ないーーー!
本当の楽しみは夜、なのに・・・!!

というのは、職場のみなさんに連れてもらって、はじめて味わった贅沢なお花見故。
日暮れ頃から炬燵を出して(村民の特権?)、貸し切り状態の絶好ポイントで行う夜桜会。
ぬくぬく炬燵で、お鍋に日本酒。
ん〜、たまりません~〜◎
これだけでも、ここに移ってきて良かった!と思いました(笑)
来年は、友達や家族も呼んで、たくさんお花見をしたいと思います。

贅沢な大人の楽しみ

静かに好きなだけ夜桜を堪能できちゃいます


そんなわけで、桜に限らず現在ここに移り住んでみて、はじめて知る村のお宝資源を発掘中です。

先週は、鮎やアマゴの稚魚を川に放流するお手伝いをさせてもらいました。
昔は、天然の魚がわんさかいたらしいですが、ダム建設後に天然魚は激減。
今は人の手で養殖され放流される鮎やアマゴではありますが、そうは言っても綺麗で澄んだ川にしか住めない魚たち。
魚たちが育まれる美しい川がある下北山村は、まだまだ自然が残るところなんだなーと感じます。
そして、天然の川魚が今も住んでいる場所もあるらしいです。
川遊びできるシーズンが来るのが待ち遠しい!

川が青いっ

小指サイズくらいの稚魚たち 大きくなってね


そしてそして、自然と共に、お宝資源!なのが食。
ここにきてまだ日が浅いのですが、どんどん美味しいものをいただいてます。

注目すべきは、毎日のご飯のお共の素晴らしさ。

派手さは無いです。それが良いんです。


もはや欠かせない毎日のご飯のお供たち

各家庭で種継ぎをして自家栽培している伝統野菜、下北春まなのお漬物。
自家製梅干しや蕗の佃煮。芭蕉菜(高菜)のお漬物に手作りこんにゃく。
これら全部、ここ数日にお裾分けでいただいたもの。
もちろんすべて手作りで、美味しくて、これだけでご飯何杯でも食べられるー!

自作は、村の特産品である南朝味噌で作ったネギ味噌。
おネギは村の朝市で購入しました。

この南朝味噌もすごいんです!
村の加工所で作られているお味噌は国産大豆とお米、麹と天然塩のみで作る無添加・自然醸造の優しい味のお味噌。
1年熟成と2年熟成のお味噌をメインに販売しているのですが、なんとこの黒い方は8年もの。


からだに嬉しい、無添加の長期熟成お味噌

ゆっくりと熟成され、色がどんどん濃くなっていくのは生きているお味噌の証。
8年ものって、なかなか見かけないですよね。
味わい深い長期熟成の本物のお味噌を探している、という方にお勧めです(そしてめちゃお手頃価格)。
興味がある方はぜひお声かけください◎

今年は、大豆とお米(できれば塩も)から自給するお味噌作りをしたいな、と思っています。
それを、本格的に樽で仕込む!!
というのも、村には味噌樽も結構眠っているんです。
昔から各家庭で味噌仕込みは当たり前にされていて、味噌蔵が残っているところもチラホラ。
今ではもう使われていない年代物の立派な味噌樽、復活できたら素敵だなーと思っています。
あと、日常使いの小さな味噌樽も作りたい(難しそうだけど・・・これはまちゃ担当)!

ちらりと覗いた蔵の中にはまさにお宝がいっぱい。
年代ものの梅干しなんかが放置されちゃてるのを見て、
「そ、それ、すごいお宝!」と一人で興奮するわたしです。
蔵から出てきた12年物の梅干し、有り難く使わせていただき、梅干しの黒焼きにはじめて挑戦しようと思ってます。


今の季節は、山菜採りに筍掘り。
5月には伝統的な釜炒り茶、梅雨が明けたら梅干し仕込み。
食にまつわる確かな手仕事が目白押し。


丁寧な手仕事よる村の暮らしを黙々と継いでおられる村の方々もまた宝なり。
今は戴いてばかりですが、きちんと学んで、技と味を引き継いで自分で作れるようになりたいものです。

そんなこんなで、学びたいことがすでにいっぱい。
一人ではやりきれないので、一緒に学んでいけるお仲間募集中です。
息切れしないように、少しずつ、ね。

はるみ

↑このページのトップヘ